OAVP(大森アート・ヴィレッジ プロジェクト)とは

アートの力は世界共通。私たちの心を打つアート、つながりをつくるアート。そんなアートのある国際観光都市大田区形成の最初の一歩として、大森を中心としたエリアを対象に、在住のアーティスト、ギャラリー、芸術的な産業技術、博物館等をネットワークし、その魅力を発信することで、地域住民による地域力と地域の文化力を醸成し、魅力ある地域の創造に寄与します。 

 

具体的には、 ギャラリー、ミュージアム、 芸術的な産業技術、アートスポット等の魅力を発信するアートマップを作成し、ミュージアム、アトリエ、ギャラリーにおいて作品等の公開・展示、ワークショップなどを行うアートフェスタを開催します。そして、 地域住民と来訪者向けに、 アート・ヴィレッジらしいエッセンスのつまったコースを案内するアートまちあるきを実施します。なお、今年度のテーマ「いぶき〜まちを包むヒカリ」のもと、参加55企画がまちの中での展覧会・作品展示・ライブ・コンサートやパフォーマンスなどを積極的に展開していきます。

 

   

 

大森アート・ヴィレッジ プロジェクト(OAVP)スキーム

なお、本プロジェクトは、平成23年度、平成24年度大田区観光まちづくり助成事業(地域力応援基金ジャンプアップ助成特別枠)に継続採択され、本年度は平成25年度大田区観光まちづくり推進支援事業補助金を交付されています。